FINDERS

あまりの切れ味に感動する爪切り「SUWADA つめ切り プチ」。研ぎ直しやパーツの交換も
  • ITEM
  • 2021.09.16
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

あまりの切れ味に感動する爪切り「SUWADA つめ切り プチ」。研ぎ直しやパーツの交換も

文:FINDERS編集部

熟練の職人が1点ずつ磨いて仕上げた爪切り

「睡眠時間は人生の3分の1を占めています。だから良い寝具を揃えましょう」というのはすっかりおなじみとなった寝具メーカーの宣伝文句だが、人生は自分が思ったよりも繰り返しによってできていると感じる。例えば「爪切り」もその一つ。

どうしたって爪は伸びる。今後の人生の中でキャンプやジムに行かない可能性はあっても(高価なキャンピングギアやスポーツウェアが収納に眠っていても)、爪を切らないということはまずないはずだ。であれば、確実にやってくるその時間を極上のものとするべきではないだろうか。

「SUWADA つめ切り プチ」は、爪切りを面倒なものから感動するものへと変えることをコンセプトに作られた、ハイエンド爪切り。なんといってもその切れ味が素晴らしいという。

「合刃」という工程で左右の刃の隙間を極限まで無くすことで、最高の切れ味を実現。これにより爪の切断面がツルツルに仕上がるため、ヤスリがけをする必要はない。ニッパー型の刃は爪への負担も少ない。

ボディはコンパクトで子どもでも握りやすく、バネが仕込んであるため、扱いも軽やか。洗濯バサミから着想を得たデザインはシンプルかつキュート。差し色にもなっているバネはゴールド・ピンクゴールド・シルバー・レッド・ブラックの5色から選ぶことができる。

さらにすべてのパーツが交換可能な部品で構成されており、研ぎ直しが可能なのも魅力の1つ。切れ味が悪くなっても研ぎ直せば復活するため、長く愛着を持って使うことができるだろう。

「SUWADA つめ切り プチ」は、現在Makuakeにてクラウドファンディングを実施中だ。


支援はこちらのページから↓
つめ切りは「面倒」から「感動」へ。SUWADAが贈る、スパッと快感の爪切り

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • JKA Social Action × FINDERS