FINDERS

「芸人」と「ロボットエンジニア」2足の草鞋で活躍中。カニササレアヤコ氏が軽やかに副業道を歩める理由。【連載】超副業論!(3)
  • BUSINESS
  • 2021.04.13
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

「芸人」と「ロボットエンジニア」2足の草鞋で活躍中。カニササレアヤコ氏が軽やかに副業道を歩める理由。【連載】超副業論!(3)

旅芸人企画のためにイギリス入国後、即ロックダウン

―― ロボットエンジニアに転職してみていかがでしたか?

アヤコ:ロボットはいかに人間を楽しませ、購買意欲をかきたてるか?ということを追究して造られるものなので、プログラミング自体も楽しめるようになりました。

しかもわりとポピュラーなソフトバンクの「Pepper」の開発に関わる仕事なので、芸人の仕事にもわかりやすく活かせるのではないかと考えました。

―― 現在、ロボットエンジニアの仕事はどれくらいの比重を占めていますか?

アヤコ:以前、会社員だった時は週5で勤務していましたが、今はフリーとして、週2日で勤務しています。

実は一昨年の3月から3カ月間、夫と旅芸人的なかたちでストリートミュージシャンをしながらヨーロッパを周るつもりで、まずはイギリスに行きました。

すると入国後、新型コロナウイルスによるパンデミックが起きて、即ロックダウンしてしまったんです(笑)。その企画のために会社は退職していて、それが叶わず終わってしまったので、アフターコロナに再びリベンジするために、今は就職しないでいるつもりです。

―― ロックダウン中はどんなことをして過ごしましたか?

アヤコ:夫の実家がイギリスにあるので、3カ月間、庭で芝刈りをしたり、近くを散歩したり、楽器の練習をしたりして充電していました。

芸人の活動としては、動画を撮ったり、笙の楽譜を売ったり。エンジニアとしては、ずっと作りたいと思っていた五線譜の楽譜を笙の楽譜に作り変えるプラグインを開発していました。

―― 東儀秀樹さんなどの雅楽界の方ともつながりを深めていますよね?

アヤコ:雅楽界は人材が少ないこともあって、私の活動を温かく見守ってくださる方が多いんです。東儀さんは、以前、私がテレビで東儀さんのモノマネをしたら、Twitterで「応援しています」とツイートしてくださいました。

次ページ:週2日はロボットエンジニア、残り5日は芸人として活動

< 1 2 3 4 5 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー