FINDERS

あくびをするとAIが警告!? 米国Amazonが車内にAIカメラを設置。ドライバー監視に物議
  • BUSINESS
  • 2021.04.07
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

あくびをするとAIが警告!? 米国Amazonが車内にAIカメラを設置。ドライバー監視に物議

文:山田山太

テクノロジーの進化は我々の生活をより便利なものへと変化させてくれる。その一方で、中国では2億台ものカメラが市民の生活を過剰に監視し、プライバシーを侵害するという問題も起きている。

そんな監視社会へ抵抗するべく、米国Amazonの配達ドライバーとして働いていたヴィックさんが3月19日、トムソン・ロイター財団を通して声明を発表した。

日に日にエスカレートする監視体制

ヴィックさんが米国Amazonでドライバーとして働き始めた2019年当時、米国Amazonはアプリを通じてドライバーの移動ルートを追跡していたという。しかしその後、また別のアプリを通して勤務開始時の写真を要求してきたとのこと。ヴィックさんは、ここまではなんとか我慢することができた。

ところが今年2月、米国Amazonは配達車の車内にAI搭載型のカメラを設置すると発表した。このカメラは常に車内の監視し、ドライバーの動きや車のスピードを監視。シートベルトの着用やドライバーのあくびまで検知するという。異変があるとすぐさま自動音声による警告が発せられるという。ヴィックさんは「これはプライバシーの侵害であり、信頼の失墜を意味します」「ある種の強制だと思います」と憤りをあらわにした。

次ページ:米国Amazonが元Amazonドライバーの声明に回答

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞