FINDERS

ドイツの老舗メーカーが作った睡眠導入アイテム「スヌーチェ」。6種の音と青い光が眠れぬ夜に寄り添ってくれる
  • ITEM
  • 2020.11.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ドイツの老舗メーカーが作った睡眠導入アイテム「スヌーチェ」。6種の音と青い光が眠れぬ夜に寄り添ってくれる

文:三浦一紀

ブルーライトと6種類のサウンドがリラックス空間を創出

身体は疲れているのに、頭がさえて寝付けない。眠いのになかなか眠ることができない。そんな睡眠に関する悩みを抱えている人は多いのではないだろうか。睡眠導入剤などを使って眠るという方法はあるが、できればそういうものに頼らず快眠したいところだ。

そんな眠りに関する悩みを解消してくれそうなガジェットが「スヌーチェ」だ。一見スマートスピーカーのような製品だが、これは光と音で睡眠に誘ってくれる睡眠サポートガジェットだ。開発したのはドイツで計測機器や健康器具の販売を行う1956年創業の老舗メーカーWaagen Schmitt。日本でいうところのタニタのような会社だ。

本体からは天井に向けて青い光と、安らぎを感じる6種類のサウンドが再生される。一般的に青い光(ブルーライト)は睡眠を妨げると言われているが、一方でリラックス効果があるとも言われている。

「スヌーチェ」は、睡眠の質を向上させるとされる、高線量の青色光を天井に投影するため、心地よい眠りにつくことができるとしている。

内蔵されている音は、ファンの音やホワイトノイズといった人工的なものから雨音、波の音などの自然音まで6種類。光と音の相乗効果で、安らかに眠りに落ちることができる。

本体はコンパクトなので、自宅の寝室だけではなく旅行に持っていくことも可能だ。

現在CAMPFIREで予約受付中。5800円から予約することができる。12月25日まで予約を受け付けており、発送は2021年1月の予定となっている。


支援はこちらのページから↓
睡眠サポートガジェッド「スヌーチェ」光と音による極上空間を いつもどこでも

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • Z世代の挑戦者たち