FINDERS

悲しすぎる表情だった野良猫、優しい飼い主と巡り合って一変!幸せそうな姿がSNSで話題に
  • GLOBAL
  • 2020.09.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

悲しすぎる表情だった野良猫、優しい飼い主と巡り合って一変!幸せそうな姿がSNSで話題に

文:滝水瞳

愛らしい仕草やしなやかな動きで私たちを虜にする猫。しかし一方、病気や怪我で苦しんでいる猫が大勢いることもまた事実だ。

どん底の生活を送っていた野良猫が優しい飼い主と出会い、その表情のビフォアアフターが、SNSで注目を集めている。

野良猫に心奪われ、保護施設を通い詰める日々

アメリカに住む猫好きのサンドラさんは昨年8月8日の「国際猫の日」、ミネソタ州の動物愛護協会が投稿した1匹の野良猫に目を奪われた。目つきがまるで何か話したげで、とても悲しそうに見えたという。この野良猫は当時、保護施設におり「ブルース・ウィリス」と名付けられていた。

6年間、路上で過ごしてきたウィルスは、他の猫と戦った傷によって目が垂れ下がり、歯がかけていて、片方の耳は折れ曲がっていた。さらに保護施設で他の動物から感染して上気道感染症を患い、猫の免疫不全ウイルス(FIV)検査では陽性反応もあった。サンドラさんはすぐにウィリスを引き取りたかったが、賃貸に住んでいたため家主との契約上、猫を飼うことができなかった。

サンドラさんは、「彼は悲しそうに見え、とても悲惨な状況だったので、胸が張り裂けそうでした。私は何度も彼に会いに行きました」と『Bored Panda』に語っている。2回目の訪問では、ウィリスは風邪を引き、FIVの感染症を患っていたため容体はさらに悪化していたという。

サンドラさんは誰かに引き取ってもらえないかと願いながらも、ウィリスのことが気がかりで定期的に保護施設に訪問し続けた。しかし、このままでは埒が明かないと意を決し、家主に直談判。アパートのペット禁止を免除してもらうよう懇願した。

そして保護施設に通いつめて約1カ月後、ついに家主から許諾を得ることに成功。願ってはいたものの「例外を認められたときは本当に驚きました」と語るサンドラさん。承諾を受けた翌日、すぐにウィリスを自宅に連れてきた。

次ページ:見違えるような表情に290万いいね

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development