FINDERS

重さ3kg。ソロキャンプにぴったりな片手で持てるミニ薪ストーブ「テーブルエース」
  • ITEM
  • 2022.05.29
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

重さ3kg。ソロキャンプにぴったりな片手で持てるミニ薪ストーブ「テーブルエース」

文:FINDERS編集部

コンパクトボディだけど高温・低温での調理が可能

初夏を感じる今日この頃、キャンプに行きたくてウズウズしている人も多いのではないだろうか。キャンプの醍醐味といえば焚き火と料理だが、荷物が大掛かりになってしまうため、ソロキャンプには向かなかったりもする。

「テーブルエース」は超小型設計のミニ薪ストーブだ。重さは3kgと軽量。ソロキャンプにピッタリのサイズ感が物欲を刺激する。

本体素材は厚さ1mmのステンレスを使用し、耐食性に優れているので長く愛用できる。前面が耐熱ガラスになっているので、庫内で揺らぐ炎を見ながら癒やしの時間が楽しめる。

設置も簡単で、バッグから出して煙突を取り付けるだけで完了。テントの組み立てやタープ張りなどやることが多いキャンプにはありがたい。

煙突部分に五徳と調理器具をセットすれば高火力での調理が可能。ステーキを焼くのに向いてそうだ。本体ボディ上はじっくりと低温での調理に向いているとのことだ。

カラーはブラックとシルバーの2色で手持ちのキャンプギアに合わせて選ぶのも楽しいだろう。パーツが一式入る専用バッグが付属している。

なおあくまで観賞用、調理用として開発されているため、暖房器具としての使用は推奨していないとのこと。もちろんテントを含む屋内での使用は避けよう。

テーブルエースはクラウドファンディングサイトmakuakeで支援を募っており、今なら1万円台後半から入手できる。


片手で持てる、ミニ薪ストーブ「テーブルエース」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ブックレビュー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • アクティビスト・小玉直也の「こんな人生があるのか!?
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー