FINDERS

わずか7cmのボディに15種類の“わりと必要な工具”が詰まったマルチツール「Geekey」。ステンレスボディで使い勝手も良さそう
  • ITEM
  • 2021.08.27
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

わずか7cmのボディに15種類の“わりと必要な工具”が詰まったマルチツール「Geekey」。ステンレスボディで使い勝手も良さそう

文:FINDERS編集部

持ち運びに便利なカギ型マルチツール

毎日は使わないけど、ふとした時に必要になる工具。いや、むしろ工具というものは得てしてそういった性質を備えている。たとえば、ドライバーやメジャー、栓抜きなど、DIYに熱心な人でなくても、年に数回は必要になり、その度に家中を探し回っているはずだ。

であればすべて1つにまとめた、「Geekey」を持っておけば良いのではないだろうか。

カギ型の小さなボディに、なんと15以上の機能を搭載したマルチツールである。機能の一覧はざっと下記の通りだ。

ヤード・ポンド法レンチ、メートル法レンチ、ストラップホール、ワイヤーストリッパー、分度器、栓抜き、1/4インチビットドライバー用ホール、ワイヤー曲げ/自転車スポークレンチ、ヤスリ、定規(1インチ)、定規(3cm)、ノコギリ刃、1/4レンチ、ドライバー/切り込み先

とは言え、一つ一つが実用的ではなければなんの意味も無いわけだが、Geekeyに搭載されたものはどうにも使い勝手が良さそうである。たとえばカギの先端部分はドライバーとして使用できるが、プラス、マイナスはもちろん、スクエアなど5種類のネジ穴に対応している。

他にも、ダンボールのガムテープなどを切るカッターとは別に、結束バンドや釣り糸、皮紐などを切れるノコギリ刃を備えていたりと、まさにかゆいところに手が届く作りだ。

中でも驚きは、スモーキングパイプとしても使用できるところ(日本語の情報としては掲載されていないが、その理由は推して知るべし)。ボディのヘッド部分にお気に入りの(かつ合法の)葉をセットし火をつければ、カギの先端から吸うことができるという、アウトドアマインドあふれる機能だ。

日頃の軽作業用に持っておくのもいいが、キャンプなどのアウトドアレジャーでこそその真価を発揮することだろう。

ボディサイズは7cm×2.9cm、重さは23gと財布にも入れておけるサイズ感。それこそ鍵と一緒にぶら下げておくのが良さそうだ。本体はステンレス製なので、錆びにくく壊れにくい。どんな環境でも問題なく使うことができるだろう。

「Geekey」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中だ。


支援はこちらのページから↓
米国デザイン賞受賞!15以上の機能がギッシリ!【かぎ型マルチ多機能ツール】

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー