FINDERS

手のひらを冷やして、効率的に体温を下げよう。冷却グローブ「ICE HOLD」
  • ITEM
  • 2021.07.11
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

手のひらを冷やして、効率的に体温を下げよう。冷却グローブ「ICE HOLD」

文:FINDERS編集部

迫りくる酷暑の備えに

暑い夏が目前に迫っている。特に今年は酷暑が予想されており、熱中症などが心配だ。例年と比べ、テレワークの人は自宅にいる時間が比較的長いとはいえ、エアコンをつけっぱなしにしておくことに抵抗のある人もいるだろう。当然電気代だって気になる

「ICE HOLD」は新しい発想から生まれた冷却グッズだ。中に専用の保冷剤が入ったグローブのような形をしており、手にはめて使用する。

首やわきの下を冷やすことで体温を下げる方法はよく聞くが、手のひらを冷やすとどんな効果があるのだろうか。

手のひらには、体温を調整する役割を担う「AVA」という血管があるという。動脈と静脈をつなぐバイパスのようなもので、ここを冷やすことで全身をめぐる血液を効率的に冷却し、体温を下げることができるというわけだ。

素材は通気性の良い薄手のメッシュ生地で伸縮性も抜群。デザインは親指側がえぐれた特殊な形状になっているのでフィット感も良く、快適なつけ心地を実現している。

カラーは爽やかなブルーで、MサイズとLサイズから選べる。手の甲部分にはICE HOLDのロゴが入っており、ややスポーティーな印象だ。

使い方は予め冷凍庫で凍らせた専用保冷剤をグローブに入れて両手にはめるだけ。約5~10分程度で効果が得られるとのことだ。

かなり小さいので持ち運びする際にも変にかさばらない。出勤しなければならない時や、屋外での作業時など、かばんに忍ばせておくといざというとき便利かもしれない。もちろん、仕事以外にも、運動する際などはできるだけ使いたいアイテムだ。

カナダでは49度という記録的な熱波が続き多数の死者が出るなど、世界中で異常気象が起きている。昨年は大丈夫だったからと油断せずに、できる限り暑さ対策を講じていく必要があるかもしれない。

CAMPFIRE、Makuakeなどのクラウドファンディングサイトで支援を受け付けていたが、現在は受付終了中とのこと。続報を待ちたい。


酷暑に!スポーツや野外活動時に効率的に冷却!ICEHOLDてのひら冷却サポーター

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞