FINDERS

黄金比を簡単に表現できる多機能文房具「Phi Ruler」で日々のデザインスケッチをワンランクアップさせよう
  • ITEM
  • 2021.01.09
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

黄金比を簡単に表現できる多機能文房具「Phi Ruler」で日々のデザインスケッチをワンランクアップさせよう

文:ちびすけ

黄金比を持ち歩く

「黄金比」と呼ばれる言葉を一度は耳にしたことがあるだろうか。1:1.6の比率によって形づくられる黄金比は、人間が本能的に最も美しさを感じるとものと言われており、モナリザやピラミッドなどの歴史に名を残す美術品や建造物、そして自然界に存在する造形の随所に見つけることができる。もちろん現代社会においても黄金比は多く使われており、AppleやGoogleといったサービスのロゴにも用いられていると言われている。

そんな黄金比を手軽に表現できるアイテムが、香港のデザインメーカーNAPが生み出した「Phi Ruler」だ。

「Phi Ruler」は定規、コンパス、分度器が1つになったカード型の文房具であり、ルーラー部分などを使って黄金比を表現することができる。

もちろん本体の縦横比も黄金比となっているため、それぞれの角を曲線で結んでいくことで黄金螺旋を描くことも可能。たとえばデザイン作業を行う際、Illustrator上だけでなく、スケッチ段階からデザインに正確な黄金比を落とし込んでいくことができる。

3色あるカラーバリエーションのうち、ブラックゴールドは銅製、シルバーとゴールドはステンレス製である。いずれも高級感がありながら耐久性に優れており、一生モノの文具として使用できるだろう。また、イタリア製のオリジナルレザーケースが付いているため、カバンの中で汚れてしまうこともないだろう。

「Phi Ruler」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。人気のリターンは売り切れる可能性があるため、検討中の方は早めに支援するのが良いだろう。


支援はこちらのページから↓
日本初上陸。│黄金比を自由自在に!デザイナーの秘密文具「Phi Ruler」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家