FINDERS

離婚の腹いせに、虐待され続けたハスキー犬。保護された3カ月後、真っ白な美しい毛並みを取り戻す
  • GLOBAL
  • 2020.09.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

離婚の腹いせに、虐待され続けたハスキー犬。保護された3カ月後、真っ白な美しい毛並みを取り戻す

文:仲田拓也

ペットへの虐待は決して許されない行為であり犯罪だが、なかなか周囲からは気づかないというのが現状だ。

そんな中、飼い主から虐待されたハスキー犬が救出され、美しく生まれ変わったと注目を集めている。

飼い主からエサや水を与えられなかったハスキー犬

アメリカ・オクラホマ州である日、虐待された1匹のハスキー犬が救助された。「フィン」と名付けられたその犬は、2年もの間、飼い主からエサや水を与えてもらえず、身体が衰弱。骨が浮き上がって見えるようなひどい状態だった。

フィンを保護した動物シェルター「ペット・エンジェルズ・レスキュー」のスタッフは、「彼は骸骨のようになっていて、毛皮もほとんど失われていました」と『the dodo』の取材に語っている。実際にフィンはやせ衰えただけでなく、寄生虫や皮膚病にも悩まされていたという。

『the Sun』によると、飼い主の男性は子犬のフィンを妻への贈り物として飼ったが、その直後に妻が離婚を申請。その結果、飼い主は妻への怒りをフィンに向け、虐待し続けたようだ。飼い主はエサをやらなかっただけでなく、鎖に縛り付けて放置していたとのこと。

体重が18キロから36キロに増加

保護されたフィンは、長い期間虐待されていたため身体が弱り、シェルターに到着するまでの2時間を眠って過ごさなければならなかった。

しかしシェルターでは、スタッフの愛情と、適切なケアによって着実に回復。わずか3カ月で、真っ白な美しい毛並みを取り戻した。

体重も40ポンド(18キロ)から80ポンド(36キロ)まで増加し、元気を取り戻したフィン。シェルターのスタッフはフィンについて、こんなに優しくされたのは初めてたっただろうと明かす。今では、非常に寛大で、救助された時とは別の犬のように見える。

次ページ:新しい飼い主に出会ったフィン

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • テック×カルチャー 異能なる星々|深沢慶太|フリーライター・編集者
  • JKA Social Action × FINDERS
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 当たりすぎるタロット占い|ムンロ王子|パワータロット・カウンセラー
  • 幻想と創造の大国、アメリカ