FINDERS

新型iPad Proは、もはや「スピード」も「操作性」もノートPCを凌駕。超広角レンズやLiDARスキャナを新たに搭載し、シザー構造のMagic Keyboardにはトラックパッドも
  • ITEM
  • 2020.03.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

新型iPad Proは、もはや「スピード」も「操作性」もノートPCを凌駕。超広角レンズやLiDARスキャナを新たに搭載し、シザー構造のMagic Keyboardにはトラックパッドも

Photo By Apple

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、中国に生産拠点を置くAppleの新製品も発売がかなり遅れるのではないかと噂されていたのだが、そんな懸念を払拭するように、米国時間の3月18日、iPad Proが発表された。発売は3月25日だという。しかも、今回のiPad Proの進化は、トラックパッド付きのMagic Keyboardや超広角レンズ、LiDARスキャナの新搭載など、タブレットの新たな可能性を感じさせるものだった。

伊藤僑

Free-lance Writer / Editor 

IT、ビジネス、ライフスタイル、ガジェット関連を中心に執筆。現代用語辞典imidasでは2000年版より情報セキュリティを担当する。SE/30からのMacユーザー。著書に「ビジネスマンの今さら聞けないネットセキュリティ〜パソコンで失敗しないための39の鉄則〜」(ダイヤモンド社)などがある。

トラックパッド付きMagic Keyboardで大幅に操作性が向上

昨年リリースされたiPad OSによって「大きなiPhone」から脱却し独自の道を歩み始めたiPadが、今回の新型iPad Proの投入によって、さらに大きな進化を遂げてきた。

筆者が最も気になったのは、新たに開発されたMagic Keyboard(オプション)を装着した姿だ。

Photo By Apple

上から見ると、トラックパッドが新採用されたこともあってノートPCそのものではないか。しかも、専用のフルサイズ・キーボードは、16インチMacbook Proで好評を博した1mmのストロークを持つシザー構造を採用し、バックライトも備えているという。早くその感触を試してみたいものだ。

横から見た姿にも驚かされる。iPad Proが浮いているのだ。

新しいMagic KeyboardへはマグネットでiPad Proを装着。フローティングカンチレバーの採用で、見やすい角度に、スムーズにデバイスを傾けることができる。

さらに、パススルー充電が可能なUSB-Cポートも搭載。折りたためばケースとなってiPad proの前面、背面をしっかり保護してくれる。

このMagic Keyboardは、新型11インチ/12.9インチiPad proだけでなく、一世代前の第3世代12.9インチ/第1世代11インチiPad proも装着できるようだ。

価格は11インチ用が3万1800円(税別)、12.9インチ用が3万7800円とやや高価だが、新型iPad Proユーザーなら是非とも利用したいアイテムといえるだろう。発売は5月の見込みだ。

超広角レンズに加えリモートセンシング技術のLiDARを搭載

Photo By Apple

新型iPad Proは、iPhone 11と同等のレンズを新たに搭載してくると噂されていたが、それ以外にも革新的な技術を搭載してきた。それは、LiDAR(ライダー)だ。

LiDARとは「Light Detection and Ranging(光を用いた検知と測距)」の略で、リモートセンシング技術のひとつ。実用例としては、自動運転車の屋根上に搭載された大型の装置をイメージする人が多いのではないだろうか。

iPad Pro専用に設計されたLiDARスキャナは、ダイレクト・タイムオブフライト方式を採用して屋内外で最大5m先から反射した光を測定。その精度は光子レベルで、ナノ秒のスピードで動作するという。

深度の測定時には、LiDARスキャナがカメラ、モーションセンサー、iPadOSのフレームワークと連携。世界最高のAR用デバイスとして、拡張現実の可能性を大きく広げることが期待されている。

新型iPad Proのカメラは、広角(12MP/F1.8)に加えiPhone 11シリーズでも好評の超広角(10MP/F2.4)を搭載。スタジオ品質のマイクと4つのスピーカーも装備しており撮影装置としても優秀だ。

ほとんどのノートパソコンより高速といわれる新型iPad ProのプロセッサにはA12Z Bionicを採用。iPhone 11シリーズが搭載するA13との性能差は不明だが、8個のグラフィックプロセッサによってアプリやゲームのパフォーマンスは向上しているようだ。

中国を除くすべての国々のApple Storeは無期限の休業(3月19日時点)を余儀なくされており、現状では実機を触ってから購入することは難しいが、サイトの情報だけでも思わずポチりたくなる魅力を備えた製品といえるだろう。

◆11インチiPad Pro

サイズ : 247.6×178.5×5.9mm、重量 : 471g(Wi-Fiモデル)、473g(Wi-Fi+Cellularモデル)、価格 : 8万4800円(税別)〜

◆12.9インチiPad Pro

サイズ : 280.6×214.9×5.9mm、重量 : 641g(Wi-Fiモデル)、643g(Wi-Fi+Cellularモデル)、価格 : 10万4800円(税別)〜

カラー : シルバー、スペースグレイ
容量 : 128GB、256GB、512GB、1TB

※カラーと容量は共通


Apple

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • FINDERS RADIO|米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組
  • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • ハズさない!接待メシ