FINDERS

高速道路の冠水をたった一人で直し、街のピンチを救った無名の「ヒーロー」に胸が熱くなる
  • GLOBAL
  • 2019.03.29
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

高速道路の冠水をたった一人で直し、街のピンチを救った無名の「ヒーロー」に胸が熱くなる

文:岩見旦

私たちの街を危機から救ってくれるヒーロー。特撮やマンガなどフィクションで繰り返し描かれてきたが、ヒーローは確かに実在する。

私たちの目につかないところで、人知れず街を守っているのだ。

高速道路の排水口を一人でこじ開けた作業員

昨年10月31日、米国テキサス州ヒューストンは悪天候の影響で、高速道路が冠水し、通勤者に打撃を与えていた。

そこに現れたのが名もなきヒーロー。作業着姿に登場し、膝の高さまで雨水の溜まった高速道路に突入。そして、その排水口が詰まっている原因を素早く突き止め、覆いかぶさっていた草と2つのタイヤのかけらを取り除いた。

すると、排水口には渦が出来上がり、溜まった雨水はどんどん流れ出ていった。道路に座り込んだ作業員。その後、雨水が引いて道路は無事通れるようになったという。

この作業員は、道路建設を担っているジョルゲンソン・コンストラクションの保守作業員のヘンリー・アルバレスさん。

社内ルールにより禁じられているため、アルバレスさんはインタビューなどには答えていない。しかし、アルバレスさんはSNSから送られる称賛のコメントに対し、繰り返し「私は私の仕事をしただけです」と返事をしており、その優れた人格が伺える。

地元の交通局の担当者は「彼は危機的状況で仕事をした」「チームにとって幸運なことに、彼は昨日素晴らしい成果を挙げた。これからも期待している」と語った。

1600万再生を記録、絶賛コメントが殺到

この無名の作業員の動画がYouTubeに投稿されると、多く人の目に止まり、1600万再生を記録。「彼こそがヒーローだ」「本当のヒーローはマントを着ていない」「ブルーカラーがアメリカを支えている」「彼はこの仕事に見合った給料をもらってほしい」など、アルバレスさんの活躍ぶりを絶賛するコメントが殺到した。

ブラジリアン柔術に関する話題を扱うブログ「柔術新聞」を運営する岩井洋一さんは24日、自身のTwitterに「誰も見ていないところでも、殊勲を挙げている人はたくさんいるのでしょう。人目につく場だけでなく、普段目につかない所での人知れずの努力こそ、結果につながるのは何でも同じ」とコメントを添えて、この動画を紹介。この投稿は2万5000件を超えるリツイートを突破し、日本においても広く拡散された。

私たちの身の回りにも、きっと街のピンチを救ってくれている名もなきヒーローがいて、そのおかげで安全に過ごすことが出来ているのだろう。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 映画『人間失格』
  • DSJ

SERIES

  • Pop’n Soulを探して
  • クレイジー裁判傍聴
  • オランダ発スロージャーナリズム
  • ハズさない!接待メシ
  • employer brand research 2019.〜いま最も働きたい企業 2019〜
  • FINDERSビジネス法律相談所