FINDERS

何を買えばオトク?「PayPay」20%キャッシュバックキャンペーン
  • ITEM
  • 2018.12.07
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

何を買えばオトク?「PayPay」20%キャッシュバックキャンペーン

文:武者良太

10万円までなら全額残高バックのチャンスも

現在、全国でQRコード決済アプリの「PayPay(ペイペイ)」祭りが起きている。商品購入時にPayPayで支払うと、決済額の20%がPayPayの残高にバック(上限は5万円/月)、さらに抽選で全額残高バック(上限は10万円)のチャンスがあるからだ。

キャンペーン期間は2018年12月4日から2019年3月末まで。しかし残高バック総額は100億円までとなっているため、もしも期間終了までに100億円に達してしまったらそこで終わりだ。

2018年12月4日はTwitterで「PayPay」がトレンド入りしたほど、多くの消費者の心を掴んでいるキャンペーン。ボーナスシーズン、ホリデーシーズンだということもあるし、消費が加速している。このペースでいくと、早い段階でキャンペーンが終了してしまう可能性が高い。

このチャンスを逃したくないのならば、いま。今欲しいものをPayPayで買うしかない。

ビックカメラで購入すればビックポイント8%もつく

月に5万円のPayPay残高バックを受けるには、25万円の買い物をすることになる。この価格帯の商品となると、狙い目は家電やパソコン、タブレット、スマートフォンといった高額商品だろう。

PayPayが使える家電店のなかにはビックカメラがある。ビックカメラは独自でポイントバックを行う「ビックポイント」のシステムがあり、PayPayと併用する場合は決済額の8%のポイントがつく。つまり、PayPayの20%と合わせて合計28%分が還元される。

ただしネット通販では利用できない店舗もあるので注意しよう。

ビックカメラで値引率の低い最新商品、海外製品、ゲーム機を狙え

PayPayを使うメリットを最大化するには、PayPay残高バック・ポイントバックを含めても、他ネットショップの最安価格よりリーズナブルになる商品を狙うべきだ。具体的には値引率の低い最新商品、海外製品、ゲーム機が主なターゲットになる。

たとえばキヤノンの最新フルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の場合、ビックカメラでの販売価格は23万7,500円だ。この商品を購入した場合、PayPay残高バックは4万7,500円。ビックポイントは2万5,650ポイント。合計で7万3,150円ぶんの値引きとなり、実質16万4,350円で購入できることになる。参考までに同商品の、他ネットショップでの最安価格は19万9,800円だった。

またアップルのiPhone、iPad、MacBook、MacBook Proなども値引率の低い商品だ。「GoPro Hero 7」のような海外製カメラ、PS4、Switchなどの据え置きゲーム機も他店舗との価格差が少なく、メリットが大きい。

搬入に手間のかかる大型家電も狙い目

冷蔵庫や洗濯機のような大型家電もメリットがある。商品によってはPayPay残高バック&ビックポイントを考慮しても、もっと安く販売しているネットショップがあるのだが、搬入スキルの高い輸送スタッフをもっとも抱えているのはビックカメラのような大型量販店をおいて他にはないのだから。

取り付け工事が必要なエアコン、温水洗浄便座も、手慣れたスタッフを派遣してくれるという安心感がある。

ソフマップで中古ハイエンドスマートフォンを狙え

ビックカメラ以外の家電店を見ると、ソフマップがある。ソフマップは中古商品の販売を積極的に行っている量販店だ。iPhone XS、iPhone XRのような最新ハイエンドスマートフォンも中古コーナーに並べている。

キズの有無など程度の差で価格は変わってくるが、記事執筆時に確認したところ2017年式iPhone X 256GBが8万1,980円~。iPhone XR 64GBが8万2,980円〜といったプライスタグがつけられていた。ここから20%ぶんのPayPay残高バックがあるとしたら、iPhone 6、7世代のユーザーも買い替えたくなってくるのではないだろうか。

TSUKUMOでPCパーツを狙え

自作PC・パーツ・周辺機器などの専門店TSUKUMOもPayPay支払いに対応している。もしあなたがWindows PCを使っているのであれば要チェック。TSUKUMOはCPUやメモリ、SSDといったパーツが安価に購入できるショップだからだ。

某デスクトップPC用8GBメモリ2枚組のネット最安価格は1万5,646円。同じ商品がTSUKUMOでは1万6,325円だが、実質20%引きと考えたらメリットは大きい。同時にCPUやグラフィックボードなど、費用がかさむパーツを合わせて購入したい。

Twitterで調べると、他にも「アイドルの握手券つきCDを買った」といった発言があった。まさかそんなオトクな使い方もできるとは!

関連記事:「指を入れるだけ」でネイルが印刷できるデジタルネイルプリンター「PriNail」
https://finders.me/articles.php?id=498


PayPay(iOS)

PayPay(Android)

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 株式会社映像センター
  • 株式会社映像センター

SERIES

  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • 遊ぶように働く
  • アフリカンジャパニーズ・ビジネス周遊記
  • デジハリ杉山学長のデジタル・ジャーニー
  • FINDERSビジネス法律相談所
  • 幻想と創造の大国、アメリカ