FINDERS

時間の流れを芸術的に表現するアーティスティックな腕時計「Humism」
  • ITEM
  • 2019.10.01
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

時間の流れを芸術的に表現するアーティスティックな腕時計「Humism」

文:三浦一紀

忙しい毎日のなかに少しだけ心のゆとりを

「Humism」(ヒューミズム)は、万華鏡のようなデザインの文字盤をもつ腕時計。幾重にも重なった幾何学模様が回る、アーティスティックなデザインが特徴だ。

一見すると時間がわからないが、時間の確認は文字盤の周りにある黒と白の丸い部分で行う。黒丸が時間、白丸が分を表している。これは慣れればすぐにわかるだろう。

ムーブメントはセイコー製の自動巻き。電池交換は不要だ。

デザインは4種類。

白い文字盤の「フィロソフィ・コレクション」の「KATO」(カトー)。

同じく「フィロソフィ・コレクションの「RHIZOME」(ライゾーム)。

黄色い文字盤の「ヘリオス・コレクション」の「DAZEIN」(ダーザイン)。

同じく「ヘリオス・コレクション」の「EUDAIMONIA」(エウダイモニア)。

なお、ベルト部分はイタリアンレザーを採用している。

現在クラウドファンディングプラットフォームkibidango上で購入可能。目標額は90万円だが、すでに達成済みで、3万1500円(税込)から申し込むことができる。2019年11月21日まで受付中で、2020年4月中旬から順番に発送予定となっている。


Humism(kibidango内ページ)

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development